30.共働きの家事分担を円滑に進めるためのコツ

今は結婚しても女性が家庭に入るというのではなく、共働きするのが普通のことになってきています。共働き家庭では、夫と妻で家事を分担することが多いと思いますが、家事の分担は、簡単なようで難しいものです。共働き夫婦の家事分担では、どういったことに気を付けるべきか考えてみましょう。

まずは家事の役割分担を明確にする

共働きで夫婦双方が家事を行う場合には、どちらが何を分担するかを明確にしておいた方が良いでしょう。役割分担を決めず、手が空いている方がするという形にすれば、結局どちらか一方の負担が大きくなってしまいがちです。家事の分担で不公平感が募れば、そこからケンカになってしまうこともしばしばあります。

例えば、炊事、洗濯は妻、掃除、ゴミ出しは夫というふうに決めておき、仕事などでどうしてもできない場合にはその都度相手にお願いするといった形にしてみてはどうでしょうか? 相手が忙しそうな場合には、余裕があれば相手の分の家事もやるといった気遣いも大切です。とりあえずのルールを決めておく必要性はありますが、お互いのことを思いやりながら柔軟に運用してくのが良いでしょう。

相手がなかなか家事をやらない場合にはどうする?

夫婦で家事の役割分担を決めたのに、相手がなかなかやってくれないということもあります。特に、男性の中には、家事は女性がやることと、積極的に家事を手伝わない人も少なくありません。夫にも家事を分担してほしいのに、なかなかうまくいかないと悩んでいる女性も多いと思います。

相手が家事をきちんと分担してくれないときには、役割分担を変えてみるという方法があります。例えば、炊事は苦手だけれど、ゴミ出しや風呂掃除はあまり嫌がらずにやるという男性は多いはずです。また、洗濯物を干すのは嫌いだけれど、アイロンかけは好きという人もいます。家事に慣れていない男性には、まずいろいろな家事をやってもらい、何が向いているかを探ってみるところから始めましょう。

家事に慣れていない人は、最初からうまくできないのが当たり前です。家事を手伝ってもらったときには、できていないところを指摘するのではなく、まずやってくれたことを褒めるようにしましょう。

「分担を決めたのだからやってくれて当然」という態度ではなく、お互いがその都度「ありがとう」の言葉をかけることも忘れてはいけません。感謝の気持ちを伝えあうことが、家事の分担を長続きさせる秘訣になります。

子どもに手伝いをさせるのも有効

子どものいる家庭なら、家事を子どもに分担させるという方法もあります。「まだ小さいから何もできない」と思っていても、子どもはきちんと説明すれば案外上手にできるものです。「洗濯物をたたむのは○○ちゃんの担当ね」「お米を洗うのは○○ちゃんに任せるね」と子どもにお願いすると、子どもは自分がお母さんやお父さんに頼りにされているとはりきって取り組むことでしょう。

子どもに家事を分担させることは、子ども自身の自立心を育むのにも役立ちます。子どもが小さくても、できるところから任せていきましょう。

共働き家庭が増えた現代、家事は女性がやるものというのはもう時代遅れです。家事は単に面倒なものではなく、毎日を快適に過ごすためのアイディアを生み出すものでもあります。家族で家事の分担について話し合い、協力し合いながらできるだけ楽しく家事を行うようにしましょう。

届けます。みんなの安心。Ashiato通信

 は、3つのサービスで
先生・職員様の業務、そして学校価値の向上をサポートします。

児童の登下校の状況がメールで保護者に届く!
登下校安否確認サービス

PCやタブレット端末で素早く出欠確認!
出欠管理サービス

緊急のお知らせメールで一斉配信
連絡メールサービス

子育ての気になる話 「あしあとコラム」

「あしあとコラム」では子どもの健康や教育に関する参考情報をご紹介します。
安全対策や食育などお子様の健やかな成長をみまもる全ての人々を応援するサイトです。

あしあとコラムとは? (バックナンバー)