4.小学生の子供に持たせておきたい防犯グッズ

子どもが小学生になると親の目の届かない場面が増えますから、防犯についてもしっかり意識しておかなければなりません。物騒な世の中ですから、小学生にとって防犯グッズは必需品です。小学生にも安心して持たせられる便利なグッズがいろいろありますので、活用しましょう。

小学生に防犯グッズを持たせる必要性

子どもが小学生になると、防犯対策を考えなければなりません。幼稚園まではどこに行くにも親などの大人がついていきましたが、小学校に入れば登下校も子どもだけになります。小学生になれば行動範囲も広がりますから、親の目の届かないところに行ってしまうこともあります。

最近は、子どもを狙った犯罪が多くなっていますから、子どもにも自分の身は自分で守るということをしっかり認識させる必要があります。今は近所付き合いも薄れていますから、子どもが困ったときにすぐに助けを求められる人が近くにいないこともあります。防犯グッズはそんな子どもの強い味方になります。便利な防犯グッズがいろいろありますから、ぜひ活用するのがおすすめです。

小学生向けの防犯グッズ

小学生におすすめの防犯グッズには以下のようなものがあります。

1.防犯ブザー

防犯ブザーはランドセルに取り付けられる小型のものになっています。紐を引っ張ったりボタンを押したりすることで大きな音が出ますから、危険な目にあったときに声を出さなくても周りに知らせることができます。

入学時に教育委員会などから無料配布されることも多くなっており、現代の小学生の標準装備と言えます。なお、防犯ブザーは電池式になっていますので、ときどき鳴らしてみて、電池が残っているかチェックしておきましょう。

2.GPS携帯

携帯電話会社では、子ども向けの携帯電話を用意しています。子ども向け携帯電話では、親などの限られた人としか通話できず、メールも定型文しか送信できないなどの制限があります。子ども向け携帯のいちばんの特徴は、GPS機能が付いており、子どもの居場所がわかるようになっているということです。子どもの位置情報は登録している親の携帯やパソコンから確認できます。

3.「防犯ブザー携帯中」ステッカー

ランドセルに貼って使う「防犯ブザー携帯中」というステッカーも販売されています。よく目立つ蛍光色で、暗闇でも見えやすいのが特徴。防犯ブザーを持っていることを周囲にアピールできるので、犯罪を抑止する効果があります。なお、ステッカーを貼っているからとそれだけで安心しないで、実際に防犯ブザーを持っておくことも忘れないようにしましょう。

4.LEDアームバンド

腕に巻いてマジックテープでとめられるようになっており、スイッチを押すとLEDが点滅するしくみになっています。夕方暗くなる時期の学校帰りや塾帰りに便利です。

5.ココセコム

位置検索、通報機能、防犯ブザーが一体となった子ども用の防犯専用端末で、警備会社と契約すると利用が可能です。何かあったときにはオペレーションセンターに通報できるようになっており、緊急対処員が子どものもとへ駆けつけるサービスもあります。

小学生向けの防犯サービス

子どもの帰りが遅ければ、親は「まだ学校にいるのだろうか……」と心配なはず。また、働いている親なら、子どもがちゃんと家に帰っているかどうかも不安でしょう。そんな保護者の心配を解消してくれるのが、Ashiato通信の登下校安否確認サービス。

FelicaまたはICタグを利用することにより、子どもの登下校を校門の受信機で受信し、保護者宛にメール送信してくれるサービスになります。Ashiato通信の登下校安否確認サービスでは、保護者の携帯にメールが送信されますので、外出先でも安心です。

子どもは自分で自分の身を守ることができません。大人がしっかり子どもの防犯対策をしましょう。今や便利な防犯グッズや防犯サービスがありますので、これらを活用するのがおすすめです。子どもの入学祝と一緒に、防犯グッズの購入や防犯サービスへの加入を検討してみましょう。

届けます。みんなの安心。Ashiato通信

 は、3つのサービスで
先生・職員様の業務、そして学校価値の向上をサポートします。

児童の登下校の状況がメールで保護者に届く!
登下校安否確認サービス

PCやタブレット端末で素早く出欠確認!
出欠管理サービス

緊急のお知らせメールで一斉配信
連絡メールサービス

子育ての気になる話 「あしあとコラム」

「あしあとコラム」では子どもの健康や教育に関する参考情報をご紹介します。
安全対策や食育などお子様の健やかな成長をみまもる全ての人々を応援するサイトです。

あしあとコラムとは? (バックナンバー)