登下校安否確認クラウドサービス「Ashiato通信(あしあとつうしん)」料金プランを刷新。サービスの導入負担を大幅に軽減。

2016年7月27日
株式会社ラネクシー

株式会社ラネクシー(東京都千代田区、代表取締役社長:竹田 昌生、以下ラネクシー)は、登下校安否確認クラウドサービス『Ashiato通信(あしあとつうしん)』のサービス料金プランを刷新し、導入負担を大幅に軽減することにより、放課後児童クラブ(学童保育)などへの導入を支援します。

『Ashiato通信』は、保護者への登下校状況通知や出欠管理、一斉連絡メールで子どもたちを預かる学校、学童保育、学習塾、習い事教室などに通う、児童の登下校における安否確認を提供するICタグやFeliCaを活用したクラウドソリューションサービスです。

いま政府が推進している政策のひとつに、「すべての女性が輝く社会づくり」があります。これを実現するためには、子どもを持つ母親が安心して働けるしくみが必要ですが、その一端を担うのが放課後児童クラブ(学童保育)です。

昨今では放課後児童クラブ(学童保育)の数も増えてきましたが、親に代わって大切な子どもを預かる放課後児童クラブ(学童保育)では、子どもの安全・安心を確保することが何より重要となります。
『Ashiato通信』は、保護者が安心して子どもを預けることができる環境をご支援します。

ラネクシーでは、2008年1月より『Ashiato通信』の前身となる「登下校安否確認システム」を販売して参りました。『Ashiato通信』は、「登下校安否確認システム」のテクノロジーとノウハウを引き継ぎ、さらに多くのお客様の声の下に開発されました。今後も教育機関の皆さまに向けて信頼性と安定性に優れたソリューションを提供して参ります。

『Ashiato通信』で放課後児童クラブ(学童保育)をサポート

特設ページURL:http://www.ashiato-sv.jp/special/gakudohoiku.html

新料金プラン

  • 『Ashiato通信』サービス利用料:年額3,000円/人~
                   (月額相当:250円/人~)
  • カードリーダーの無償貸与
  • 専用カードの無償提供
    ※契約ユーザー数によって、条件が異なります。

新機能

  • 災害時など緊急時に子どもたちの在席状況がリアルタイムに把握できる「リアルタイム集計」機能を搭載。
    ※既に帰宅しているのか、または施設内に残っているかなどを確認可能

『Ashiato通信』 3つの特長

登下校安否確認サービス

生徒の登下校状況を保護者へメールでお知らせするサービスです。
先生や職員はPCやスマートデバイスから登下校状況を確認することが可能です。

出欠管理サービス

先生や職員がPCやスマートデバイスで生徒の出欠確認、管理を行うことが可能です。
また、《欠席連絡機能》においては、保護者からの欠席などの申請、その申請に対する先生や職員の承認が行えます。

連絡メールサービス

学校などから保護者への各種連絡事項を学年、クラス、その他グループ単位で一斉送信が可能です。

『Ashiato通信』・サービス詳細はWebサイトをご確認ください。

ラネクシーについて


ラネクシーは、MylogStarシリーズをはじめとする自社製品の企画・開発・販売・サポートおよび海外での販売を視野に入れたグローバルな展開を目指す「ソフトウェア・メーカー」です。また、長年に渡り培ったパブリッシング・ノウハウにより、世界中で使われているセキュリティ・運用管理などの業務用ソフトウェアを国内ユーザーにご満足いただけるクオリティで提供する「ディストリビューター」として海外ソフトウェア・ベンダーより高い信頼を得ています。さらに、これらのソフトウェア製品の導入支援からシステムの設計・構築・保守・運用に至る幅広いサービスを提供する「ソリューション・プロバイダー」としての事業も展開しており、お客様に最適な高品質のソリューションをいち早く提供することをミッションとしています。

本件に関するお問い合わせ先

<製品に関して>
営業本部 ITソリューション部
E-mail:ashiato_sales@runexy.co.jp

<リリースに関して>
営業本部 セールスプロモーション部
E-mail:mk@runexy.co.jp